お知らせ

2021.03.04 その他の病気

NHKあさイチ「超近視時代」

今朝のNHKあさイチで「超近視時代」と題して、近視について取り上げれていました。

まとめますと、小学生を対象とした大規模調査で、近視の児童の割合が急速にふえていること。また原因として、眼軸;目の長さの伸びが、もっとも多かったこと。眼軸の伸びは学校検診では見逃されやすいこと。

眼軸の伸びが原因の近視は、近業(近くをみる作業)が悪化させること。強い近視が、白内障・緑内障・網膜剥離といった、目の成人病の発生リスクをたかめること。

最近の近視治療として、低濃度アトロピン;マイオピン点眼、オルソケラトロジーがあること。

近視をおさえる習慣として、日光をあびること(1日 1,000ルクスを2時間以上)。また、20-20-20の予防法が有効なこと(20分近業をおこなったら、20秒間、20フィート:6メートル離れたものを見る予防法)。が放送されていました。

当院では、眼軸の長さも測定できます。(眼軸の長さのみの測定は対応なく、視力・屈折検査などもおこないます。)マイオピン点眼も採用しております。また、日光を浴びる状態に近い効果が得られるサプリメント;ロートクリアビジョンジュニアも扱っております。

近視治療にも力を入れていますので、気になる方は、春休みなどを利用してご相談にいらしてください。

眼軸

 

お知らせ一覧へ戻る

診療時間

休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

診療時間 日・祝
午前 9:00〜
13:00
○※
午後 15:00〜
18:00

眼鏡処方、コンタクトレンズ処方、オクルパッドの受付は終了30分前までとなります。

原則予約不要です。(手術・特殊検査は予約制です。コンタクトレンズ未経験の方の処方も予約制です。くわしくは受付にお問い合わせください。)

◎休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

※火曜のみ受付12時まで。また月1回臨時休診がございます。電話でご確認ください。