お知らせ

2017.09.19 その他の病気

スマホ老眼について

スマホ老眼は、加齢による老眼と同様、眼のピント調節がスムーズにできないことにより起こります。スマホ老眼の場合、症状は一時的です。疲れの度合いによって視力も変動します。

私たちの眼は、本来遠くが見やすく、近くを見ると疲れやすい構造です。特にスマホなどの操作では、パソコンなどの操作時よりもさらに近い距離で、小さな画面をつい長時間凝視してしまいがちです。そのため眼に大きな負担がかかり、ピントを合わせる筋肉に負担をかけてしまっているのです。

スマホは便利ですし、やめること無理ですので、扱い方を注意しましょう。まず画面と40cm程度の距離をとること、使用する時間を短くすること、意識してまばたきすを増やしましょう。また、「ながらスマホ」の習慣は、より一層目の筋肉を酷使します。目の健康を守るためには、そうした「ながらスマホ」をやめるようにしましょう

当院ではスマホ老眼の治療として、調節麻痺点眼の処方、ワック、生活指導を行っています。

お知らせ一覧へ戻る

診療時間

休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

診療時間 日・祝
午前 9:00〜
13:00
○※
午後 15:00〜
18:00

眼鏡処方、コンタクトレンズ処方、オクルパッドの受付は終了30分前までとなります。

原則予約不要です。(手術、まったくはじめてのコンタクトレンズ処方は予約が必要です。)

◎休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

※火曜のみ受付12時まで。また月1回臨時休診がございます。電話でご確認ください。