お知らせ

2018.01.23 視神経の病気(緑内障)

緑内障の目薬について(10)

サンピロ点眼は、副交感神経に作用し瞳孔を縮めたり、眼内の水の流れを良くして眼圧を下げる作用があります。

濃度別に0.5%,1%,2%,4%と4種類あります。眼圧を下げる効果は比較的弱く、現在では、瞳孔を縮める目的で使用されることが多いです。
閉塞隅角緑内障:眼内の水の出口が狭いタイプの緑内障で、急激に眼圧が上昇する緑内障発作を予防するために使用されたり、外傷後で瞳の開き続けてしまう、外傷性散瞳などで使用されます。
眼底検査で瞳を開いた後、眩しさを抑えるために使用している施設も一部であります。

お知らせ一覧へ戻る

診療時間

休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

診療時間 日・祝
午前 9:00〜
13:00
○※
午後 15:00〜
18:00

眼鏡処方、コンタクトレンズ処方、オクルパッドの受付は終了30分前までとなります。

原則予約不要です。(手術、まったくはじめてのコンタクトレンズ処方は予約が必要です。)

◎休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

※火曜のみ受付12時まで。また月1回臨時休診がございます。電話でご確認ください。