お知らせ

2021.05.04 網膜の病気

網膜静脈閉塞症とは

網膜静脈閉塞症とは、高齢者や糖尿病・高血圧・高脂血症・動脈硬化といった生活習慣病をお持ちの方で起きやすい、重症の眼底出血の1種です。
急激な視力低下の原因となります。一部数日から数週間かけてじょじょに完成するタイプもあります。
目の血管の末梢から、心臓に戻る静脈が、詰まって、血管が裂けて出血を起こす状態です。
詰まった場所におうじて、網膜中心静脈閉塞症と網膜静脈分枝閉塞症にわかれます。網膜中心静脈閉塞症の方がより、中心に近い部位で閉塞しますので重症です。
出血量は多くなりますが、眼底出血そのもので見えなくなるよりも、網膜の水ぶくれ(浮腫)で見えなくなります。
視力が下がる、かすむ、中心だけ見えなくなる、見えない場所を自覚するなどです。
この浮腫に対して、抗VEGF療法;硝子体注射(アイリーア、ルセンティス)が良く効いて、視力を回復できますが、タイミングが重要で、発症してから早いほど回復の可能性が高いです。
血管が詰まることによる、網膜の虚血(酸素不足)の程度、範囲によってレーザー治療:光凝固を組み合わせることもあります。
糖尿病網膜症に似た悪い変化、新生血管が生えることを予防するためです。

お知らせ一覧へ戻る

診療時間

休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

診療時間 日・祝
午前 9:00〜
13:00
○※
午後 15:00〜
18:00

眼鏡処方、コンタクトレンズ処方、オクルパッドの受付は終了30分前までとなります。

原則予約不要です。(手術・特殊検査は予約制です。コンタクトレンズ未経験の方の処方も予約制です。くわしくは受付にお問い合わせください。)

◎休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

※火曜のみ受付12時まで。また月1回臨時休診がございます。電話でご確認ください。