お知らせ

2021.05.29 角膜・結膜の病気

結膜下出血とは

結膜下出血とは、結膜(白目)の下側にある細い血管が切れて、たまる状態です。皮膚のあおじ;内出血と状態は似ていますので、基本的には、時間で吸収されます。
点眼薬で様子をみることが多いですが、血腫という、かたまりになるようだと、内服薬を使うこともあります。
温めたほうが吸収はよくなりますので、ホットパックなども有効です。
目を触ったり、こすったりすると再発することがありますので、しばらく目を優しくあつかうようにしましょう。
年齢で血管が弱くなると頻度がふえますので、高齢の方で増えるのと、糖尿病・高血圧・腎臓の病気・白血病などの全身の病気をもっておられる方でも増えます。
軽症の病気とはなりますが、病気の充血と判断は難しいところがありますので、赤くなったら一度は眼科受診されることをおすすめいたします。

お知らせ一覧へ戻る

診療時間

休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

診療時間 日・祝
午前 9:00〜
13:00
○※
午後 15:00〜
18:00

眼鏡処方、コンタクトレンズ処方、オクルパッドの受付は終了30分前までとなります。

原則予約不要です。(手術・特殊検査は予約制です。コンタクトレンズ未経験の方の処方も予約制です。くわしくは受付にお問い合わせください。)

◎休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

※火曜のみ受付12時まで。また月1回臨時休診がございます。電話でご確認ください。