お知らせ

2018.04.11

白内障の薬物治療について

白内障の点眼はカタリンKとカリーユニが代表的な薬剤になります。(先発と後発で同一成分になります)
カタリンKは溶解が必要なので、実際にはほとんどカリーユニが処方されます。他にタチオン点眼薬や、ほとんど使用されなくなりましたが、チオラ、パロチンという内服薬もあります。
点眼薬の効果は比較的弱く、視力を上げたり、回復させる力はありません。白内障の進行を少し遅らせる程度です。
最近は点眼薬を使用しない施設もあります。
進行した白内障は手術でしか回復はできません。白内障の手術の安全性、成功率は飛躍的に高まっており、ほとんど完成されています。最近はレーザー白内障手術もはじまっていますが、すべてレーザーがするわけでなく、機械の移動があり時間は余計にかかります。(当院の標準の手術時間5分よりずっとかかりますので、まだ人間のする手術には及ばないと考えています。)手術施設も病医院で増えているため、進行し視力が下がってきた場合はおもに手術をすすめるようになってきています。

お知らせ一覧へ戻る

診療時間

休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

診療時間 日・祝
午前 9:00〜
13:00
○※
午後 15:00〜
18:00

眼鏡処方、コンタクトレンズ処方の方の受付は終了30分前までとなります。

◎休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

※火曜は、月1回臨時休診がございます。電話でご確認ください。

予約制ではありません。