お知らせ

2019.09.12 その他の病気

秋の視力検診

新学期がはじまり、少し時間がたって秋の視力検診がはじまっています。

学校の簡易検査でA,B,C,Dにわりふって、B以下の児童さんに眼科受診がすすめられます。

近視・乱視で裸眼視力が下がり、授業・スポーツに支障がでないように、適切なタイミングで眼鏡。コンタクトレンズをはじめていただくのも重要なのですが、

もう一つさらに大事な目的があります。それは、遠視を発見することです

遠視は近視・乱視よりも知られておらず、「遠くがみえるので、近視より良いのでは?」あるいは「老眼のようなものですか?」という質問もお受けします。

遠視は、遠くにも近くにもピントが合わない、一番たちの悪いピントの異常です。(近くより遠くが見えやすいですが)

視力の成長期のお子さんで遠視をもっている場合、目の奥のフィルムにあたる網膜に十分に光の刺激がいかずに、網膜や神経が発達できなくなる弱視になってしまうことがあります。

弱視になってしまうと、眼鏡をかけても視力が上がらない状態になってしまいますので、将来的に運転免許の取得や、就職の際にハンディキャップをこうむってしまう可能性があります。

適切なタイミングで適切な度数の眼鏡をかける必要があります。

「忙しいから、、」「Bならまずまず見えているからいいか」と眼科受診をされない方もおられますが、やはり遠視をみのがすと大変ですので眼科受診をされることをおすすめいたします。

当院では、スポットビジョンスクリーナーという最新機械で遠視・斜視を発見し、遠視を発見した場合、適宜オクルパッドとい最新の弱視予防機械で治療するシステムをつくっています。

 

お知らせ一覧へ戻る

診療時間

休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

診療時間 日・祝
午前 9:00〜
13:00
○※
午後 15:00〜
18:00

眼鏡処方、コンタクトレンズ処方、オクルパッドの受付は終了30分前までとなります。

原則予約不要です。(手術、まったくはじめてのコンタクトレンズ処方は予約が必要です。)

◎休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

※火曜のみ受付12時まで。また月1回臨時休診がございます。電話でご確認ください。