お知らせ

2019.06.11 その他の病気

プールの消毒剤に注意

プールの殺菌や消毒に使われる化学薬品が原因で、救急外来を受診するケースもあるとして、米国保健当局が注意を呼び掛けているというニュースがありました。

学校でプールがはじまっていると思いますが、かならずゴーグルを着用し、前後に目をしっかり洗うようにしましょう。それでも痛み、違和感、目やに、涙などの症状が持続する場合は眼科受診をしましょう。当院で洗眼専用の点眼もあつかっているのでご希望の方はおっしゃってください。

またプールに入る前には、必ずシャワーを浴びるようにしてください。その理由として、身体に付着した汗や化粧品、身だしなみを整えるパーソナルケア製品などが塩素に反応すると、殺菌効果が弱まるだけでなく、重度のアレルギー反応や目のかゆみの原因となる有害物質が発生してしまう可能性があります

以下、保健当局がしめしている対策です。

  • 消毒剤の製品ラベルの注意事項を読み、使用法を守る。また、これらを取り扱う際には、保護マスクやゴーグルなどの保護具を着用する。何を着用すべきかについては、製品ラベルの表示に従う。
  • 消毒剤は子どもの手の届かない場所に保管する。
  • 種類の異なる消毒剤を混ぜない。特に塩素系と酸性系のものを混ぜるのは危険である。
  • 公共のプールを運営する場合は、消毒剤の安全対策を含む運営者向けの研修を受けること。また、そうした消毒剤を取り扱う全てのスタッフに対し、安全対策に関する指導を行うこと。

お知らせ一覧へ戻る

診療時間

休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

診療時間 日・祝
午前 9:00〜
13:00
○※
午後 15:00〜
18:00

眼鏡処方、コンタクトレンズ処方の方の受付は終了30分前までとなります。

◎休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

※火曜は、月1回臨時休診がございます。電話でご確認ください。

予約制ではありません。