お知らせ

2019.01.08 視神経の病気(緑内障)

緑内障新薬:エイベリスの評価

昨年11月に発売となった、新規の緑内障治療薬のエイベリス点眼薬ですが、必要のある患者様、相当数に処方させていただきました。
その感想ですが、肝心の眼圧の下がり方は、相当良いと思います。プロスタグランディン系の点眼薬となりますが、代表的なキサラタンと比較しても同等か、一部でそれ以上に下がるケースもあります。
点眼直後の充血がでやすいとされていますが、事前にきちんと説明させていただくことで、ほとんどの患者様が気にされていませんでした。また、この薬剤の最大の特徴である、睫毛やまぶたに色をつける外見への副作用がないことですが、1か月程度の観察ですので、はっきりしませんが、発売前に多数の臨床試験でしめされていますので、期待してよいと思います。
また欠点ですが、白内障手術後の患者様には処方できないことです。使用したいのにできなかったケースが結構ありました。
総合的には、予想以上に患者様へのメリットの大きい緑内障薬と思います。
女性の患者様、片目の治療の患者様、全身疾患をお持ちの患者様には、よい選択肢になります。

お知らせ一覧へ戻る

診療時間

休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

診療時間 日・祝
午前 9:00〜
13:00
○※
午後 15:00〜
18:00

眼鏡処方、コンタクトレンズ処方の方の受付は終了30分前までとなります。

◎休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

※火曜は、月1回臨時休診がございます。電話でご確認ください。

予約制ではありません。