お知らせ

2020.02.13 その他

TBS番組「あさチャン!」で過剰な表現

今回日本眼科医会などが、「『近視』に対するテレビ報道について」と題する一般市民向けの声明を発表しました。昨年11月6日に放送されたTBS系報道バラエティー番組「あさチャン!」で、「中学生1割が失明のおそれ」との報道があったことに対し注意・抗議をおこないました。

「中学生1割が失明のおそれ 近視防ぐカギは『太陽光』」と題された内容について、です。

番組では、「東京都内の小中学生の近視の有病率は70%から90%程度とかなり高い」と報告した横断研究を論拠に、「強度の近視」と「病的近視」を混同し「失明につながることのある近視の子どもが中学生の1割に上る」と紹介した。

番組のこの表現に対し、「近視が原因で直接失明を起こす『病的近視』と異なり、『強度近視』の方のほとんどは生涯良好な矯正視力を保つことができる」との見解を示しています。

現在、スマホ、タブレットなどの普及にともない近視の学童は毎年増加し、近視度数も悪化している傾向ははっきりあります。

近視が強いと、年齢とともに、網膜剥離・緑内障などのリスクは確実に高まりますが、「中学生1割が失明のおそれ」という部分が、過剰ということだと思います。

注意を喚起することは良いと思うのですが、マスコミとしてはキャッチーな表現をもとめることもあるでしょう。ただし過度に不安をあおってしまうことも問題があり、難しいところです。

 

お知らせ一覧へ戻る

診療時間

休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

診療時間 日・祝
午前 9:00〜
13:00
○※
午後 15:00〜
18:00

眼鏡処方、コンタクトレンズ処方、オクルパッドの受付は終了30分前までとなります。

原則予約不要です。(手術、まったくはじめてのコンタクトレンズ処方は予約が必要です。)

◎休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

※火曜のみ受付12時まで。また月1回臨時休診がございます。電話でご確認ください。