お知らせ

2017.09.11 網膜の病気

飛蚊症について

俗に飛びものという、黒い点や虫のようなもの、または薄い雲のようなものが視野の中に見えたことはないでしょうか。視界にごみや虫のようなものが飛んでいるように見える症状を飛蚊症(ひぶんしょう)と呼びます。中高年の方は3人に1人は経験するとされています。実際に色・形・大きさはさまざまです。
目を動かしても、その名のとおり目の前を蚊が飛んでいるように感じます。いつもは気が付かなくても、白い壁を見たときや空を見たときにははっきりと現れることが多いです。(普段から見えているのですが、背景がクリアな方が気づきやすいです。)
ほとんど場合は、加齢などの生理的変化によるものですから、心配いりませんが、時に網膜剥離など重篤な疾患の前触れであることがあるので注意が必要です。そういう場合には飛蚊症が日を追ってすごく増加してきます。
網膜剥離は初期に発見できれば、レーザー治療で日帰りで治療できますが、進行して発見されると入院・手術が必要になるので、急に増えてくるようであれば早めの受診をお勧めいたします。
当院では眼底疾患を専門にしており、幅広く対応可能です。

お知らせ一覧へ戻る

診療時間

休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

診療時間 日・祝
午前 9:00〜
13:00
○※
午後 15:00〜
18:00

眼鏡処方、コンタクトレンズ処方、オクルパッドの受付は終了30分前までとなります。

原則予約不要です。(手術・特殊検査は予約制です。コンタクトレンズ未経験の方の処方も予約制です。くわしくは受付にお問い合わせください。)

◎休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

※火曜のみ受付12時まで。また月1回臨時休診がございます。電話でご確認ください。