お知らせ

2021.09.14 角膜・結膜の病気

消費者庁より、コンタクトレンズ使用の注意喚起

9/10はコンタクトレンズの日になっています。これに合わせて、消費者庁井上大臣より、コンタクトレンズの使用に関する注意喚起の声明が出されました。

コンタクトレンズは、便利なもので、近視をお持ちの患者様の日常に必要でなじみ深いものですが、高度管理医療機器に指定されており、あやまった装用方法で、コンタクトレンズの装用が困難になったり、回復できない視力障害をのこしてしまうことも、まれではありますが、ございます。

適正な使用方法をこころがけ、不調を感じられたら、早めに装用を中止し眼科を受診されてください。

以下消費者庁のアナウンスになります。

 

コンタクトレンズの使用者は全国で1,500万~1,800万人ともいわれ、また、カラーコンタクトレンズは、おしゃれアイテムの一つとして定着してきています。

コンタクトレンズは視力補正を目的としないカラーコンタクトレンズも含めて医療機器(高度管理医療機器)であり、適正に使用しなければ眼障害を引き起こす可能性があり、実際に事故も起こっています。重篤な眼障害を引き起こさないためにも、コンタクトレンズを使用する場合は、以下の点に注意しましょう。

  1. (1)購入する際は、カラーであっても、まず眼科医を受診し、自分に合ったコンタクトレンズを処方してもらい、定期検診の頻度を決めてもらいましょう
  2. (2)使い方を守り、適切なレンズケアを行いましょう
  3. (3)目の充血や異物感、痛み、まぶしさ、かゆみなどの異常を感じたら、すぐにレンズを目から外し、直ちに眼科医に相談しましょう

海外からインターネット等を利用して購入(個人輸入)するもの(海外で購入し持ち帰るものも含む。)は、医薬品医療機器等法に基づいて品質、有効性及び安全性の確認はされていません。このため、健康を害する危険性があります。また、外装等も海外仕様であるため、トラブルがあっても製造元に連絡することは難しく、健康被害が起こっても何らかの保証があるものではありません。保健衛生上の危険性があることを認識しましょう。

 

お知らせ一覧へ戻る

診療時間

休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

診療時間 日・祝
午前 9:00〜
13:00
○※
午後 15:00〜
18:00

眼鏡処方、コンタクトレンズ処方、オクルパッドの受付は終了30分前までとなります。

原則予約不要です。(手術・特殊検査は予約制です。コンタクトレンズ未経験の方の処方も予約制です。くわしくは受付にお問い合わせください。)

◎休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

※火曜のみ受付12時まで。また月1回臨時休診がございます。電話でご確認ください。