お知らせ

2018.08.20 角膜・結膜の病気

ドライアイの新診断基準

少し前になりますが、2016年に、私の所属するドライアイ研究会が中心となり、ドライアイの診断基準の改定がありました。
新しい診断基準では、BUT:涙液破壊時間が5秒未満であり、自覚的にドライアイ症状があることの2点のみになりました。
新診断基準にあてはめると、もともと多かった患者数がずいぶんと増えることになります。
2006年改定の診断基準では、角結膜上皮障害(表面のキズ)があることが条件になっていましたが、新基準では、はずされて、キズがなくても、BUTが短いだけで、ドライアイと診断されます。
BUTが短いタイプのドライアイがもっとも多いためです。
BUTは、涙液層の安定性を表しており、涙液を、層別に治療することが提唱されています。(TFOTといいます)
当院では、最新のTFOTも取り入れ、ドライアイの診療に力をいれています。

お知らせ一覧へ戻る

診療時間

休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

診療時間 日・祝
午前 9:00〜
13:00
○※
午後 15:00〜
18:00

眼鏡処方、コンタクトレンズ処方の方の受付は終了30分前までとなります。

◎休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

※火曜は、月1回臨時休診がございます。電話でご確認ください。

予約制ではありません。