お知らせ

2020.09.02 水晶体の病気(白内障)

白内障手術の老眼対策:モノビジョン法

当院では、開院以来、白内障手術をおこなう際、老眼対策として、モノビジョン法にとりくんでおります。

今回、「日本の眼科」という、すべての眼科医に配布される雑誌に、このモノビジョン法が特集されました。

モノビジョン法とは、白内障手術をおこなう際、水晶体のかわりに光を送る、眼内レンズを挿入します。眼内レンズが遠視・近視(乱視)の度数を決定するのですが、左右の眼内レンズの度数に意図的に左右差をつけることで、見える範囲をひろげる、老眼対策のこころみです。

結果として、手術後、眼鏡が必要となる機会をへらすことが可能です。

よくご質問をお受けするのですが、患者様が気にならない範囲で、左右差をつけていますので安心してください。(左右交互に手でふさぐと、違いはわかると思います。)

老眼対策として、もっともすぐれているのは、3焦点眼内レンズなどの多焦点眼内レンズですが、高額な治療となってしまいます。

ですので、健康保険内の通常のご負担で、満足度をあげるための方策となります。

眼内レンズの度数を正確にあわせるために、最新式の検査機械が必要になること、また手術技術が安定していることが条件となりますので、すべての施設でおこなっているわけではありません。

モノビジョン法の有用性がひろくみとめられたかたちとなり、嬉しく感じました。

 

 

お知らせ一覧へ戻る

診療時間

休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

診療時間 日・祝
午前 9:00〜
13:00
○※
午後 15:00〜
18:00

眼鏡処方、コンタクトレンズ処方、オクルパッドの受付は終了30分前までとなります。

原則予約不要です。(手術・特殊検査は予約制です。コンタクトレンズ未経験の方の処方も予約制です。くわしくは受付にお問い合わせください。)

◎休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

※火曜のみ受付12時まで。また月1回臨時休診がございます。電話でご確認ください。