お知らせ

2019.11.17 水晶体の病気(白内障)

先進の3焦点眼内レンズを広島市初導入

当院では最新の老眼治療法である多焦点眼内レンズに力をいれています。従来の多焦点眼内レンズは、遠方と近方にピントがあう2焦点眼内レンズ。または中間から遠方まで見えるレンズでしたが、今回発売された米アルコン社製パンオプティクスは遠方・近方に加えて中間距離にもピントが合い、より眼鏡への依存が減らせます。

当院では、地域の皆様に最新・最善の医療をご提供するという理念のもと、広島市内でさきがけてこの最新の眼内レンズを導入します。(安芸区・安芸郡・東区・南区・中区で初めて)

先進医療施設として公労省より認定されておりますので、先進医療をお持ちの方は、レンズ代、手術代の負担なく、この最新レンズをもちいた手術をお受けいただけます。(実際の診察と、ライフスタイルをお伺いした結果、別のレンズをおすすめさせていただく可能性はございます。また別の目の病気をお持ちの場合、手術できないことがあります。)

また、術前後の検査は通常の保険診療でおこなうことができます。
中央の回折構造も従来の3.6㎜から4.5㎜へと改良されて、瞳孔径の大きさへの依存を低減する設計となっており、暗いところ(瞳孔が大きくなる)でも、夜間の光視症:ハローグレアを感じにくいようになっています。

乱視用の眼内レンズもあり、より多くの方に適応があります。

日本導入間がありませんが、自由診療での実績は十分にあり、良いものでしたし、厚労省も長期間の厳重な臨床試験をへて承認していますので、そこはご安心ください。

当院では現在、3焦点レンズと、2焦点レンズ・焦点深度拡張型レンズを組み合わせる方法を、説明の上選択いただいております。

3焦点レンズに対応しているのは、安芸郡、安芸区、中区、東区、南区で当院のみとなります。

先進医療をお持ちで、白内障手術を検討されている方は当院にご相談にいらしてください。

また一度挿入した眼内レンズの交換は困難となります。ひとくくりで多焦点眼内レンズといっても性能には差があります。他院で2焦点レンズ、焦点深度拡張型レンズ(シンフォニー・アクティブフォーカス・レストア・テクニスマルチフォーカル)を検討されている方でも、3焦点レンズにご興味がおありでしたら、受診いただけたらと思います。

お知らせ一覧へ戻る

診療時間

休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

診療時間 日・祝
午前 9:00〜
13:00
○※
午後 15:00〜
18:00

眼鏡処方、コンタクトレンズ処方、オクルパッドの受付は終了30分前までとなります。

原則予約不要です。(手術・特殊検査は予約制です。コンタクトレンズ未経験の方の処方も予約制です。くわしくは受付にお問い合わせください。)

◎休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

※火曜のみ受付12時まで。また月1回臨時休診がございます。電話でご確認ください。