お知らせ

2019.10.09 水晶体の病気(白内障)

先進の3焦点眼内レンズ導入(広島東部初)

当院では最新の老眼治療法である多焦点眼内レンズに力をいれています。従来の多焦点眼内レンズは、遠方と近方にピントがあう2焦点眼内レンズ。または中間から遠方まで見えるレンズでしたが、今回発売された米アルコン社製パンオプティクスは遠方・近方に加えて中間距離にもピントが合い、より眼鏡への依存が減らせます

当院では、地域の皆様に最新・最善の医療をご提供するという理念のもと、広島市内でさきがけてこの最新の眼内レンズを導入します。(安芸区・安芸郡・東区・南区・中区で初めて)

先進医療施設として公労省より認定されておりますので、先進医療をお持ちの方は、レンズ代、手術代の負担なく、この最新レンズをもちいた手術をお受けいただけます。(実際の診察と、ライフスタイルをお伺いした結果、別のレンズをおすすめさせていただく可能性はございます。また別の目の病気をお持ちの場合、手術できないことがあります。)

また、術前後の検査は通常の保険診療でおこなうことができます。
中央の回折構造も従来の3.6㎜から4.5㎜へと改良されて、瞳孔径の大きさへの依存を低減する設計となっており、暗いところ(瞳孔が大きくなる)でも、夜間の光視症:ハローグレアを感じにくいようになっています

乱視用の眼内レンズもあり、より多くの方に適応があります。

実際の販売開始は10月末となりますので、手術自体は11月以降となりますが、事前のご相談・予約はお受けできますので、ご遠慮なくご相談くださいませ。

↓下記もご参照ください。

先進医療での多焦点眼内レンズ手術は来春で終了見込み

お知らせ一覧へ戻る

診療時間

休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

診療時間 日・祝
午前 9:00〜
13:00
○※
午後 15:00〜
18:00

眼鏡処方、コンタクトレンズ処方、オクルパッドの受付は終了30分前までとなります。

原則予約不要です。(手術、まったくはじめてのコンタクトレンズ処方は予約が必要です。)

◎休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

※火曜のみ受付12時まで。また月1回臨時休診がございます。電話でご確認ください。