お知らせ

2019.08.09 水晶体の病気(白内障)

先進医療実施施設認定

8/1付けで、厚生労働省より、先進医療実施施設として認定をうけました。(安芸区ではじめて)
最新の老眼治療の、多焦点眼内レンズを先進医療としてお受けできます。

片目で42万円(税込み)となりますが、生命保険の先進特約をおもちの方は、原則保険会社の給付をお受けできます。(くわしくは、保険会社にご確認ください。)
手術前後の検査、薬剤代は通常の健康保険をご利用できます。
高機能のプレミアムレンズをお安くご提供できますので、先進特約をお持ちの方で、多焦点眼内レンズに興味をお持ちの方はご遠慮なくご相談にいらしてください。
従来の単焦点眼内レンズでは、遠方または、近方のどちらしか見えませんでした。
多焦点眼内レンズでは、近方と遠方同時に見えるタイプ、または、中間から遠方まで連続して見えるタイプがあり、老眼治療ができます。
片目に連続して見えるタイプを、片目に近方と遠方同時に見えるタイプを組み合わせていれるか、または、連続して見えるタイプを両目にいれるかを選択していただきます。
お仕事やライフスタイルからアドバイスさせていただきますが、両目の手術の間に、実際の生活にあわせて、選択いただいても良いです。
しかし、お若いころのように、あらゆる距離に焦点が合うわけではありません。またすべての方に合うわけではなく、他の目の病気をお持ちであったり、夜間の運転が多い方、細かいことが気になる方には向きません。
したがって、多焦点眼内レンズを決定するまでには、診察とくわしい説明を複数回へてから、適応を決めさせていただきます。

お知らせ一覧へ戻る

診療時間

休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

診療時間 日・祝
午前 9:00〜
13:00
○※
午後 15:00〜
18:00

眼鏡処方、コンタクトレンズ処方の方の受付は終了30分前までとなります。

◎休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

※火曜は、月1回臨時休診がございます。電話でご確認ください。

予約制ではありません。