お知らせ

2018.02.06

花粉症の内服薬について

花粉症の内服薬は、第二世代抗ヒスタミン薬という作用を持つものが、よく処方されます。アレグラ、アレジオン、アレロック、ジルテック、クラリチン、ゼスラン、タリオン、ザイザル、エバステルなどです。
皆さまもどれかは聞いたことがあったり、処方されたことがあるのではないでしょうか。
いずれも抗ヒスタミン作用を持っており、共通の副作用として眠気があります。そのため、車の運転時間が長い方、学生の方では注意が必要となります。アレグラ、クラリチンが眠気が少ないため、初回に投与するようにしております。次いでタリオン、アレジオン、エバステルが眠気が出にくいグループになります。

内服回数は、ジルテック、アレジオン、クラリチン、ザイザルは1回。アレグラ、ゼスラン、アレロックは2回となります。

最近発売された内服薬で、デザレックス、ビラノアがあります。1日1 回内服で、眠気が少なく効果が高いと評価は高いです。

 

お知らせ一覧へ戻る

診療時間

休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

診療時間 日・祝
午前 9:00〜
13:00
○※
午後 15:00〜
18:00

眼鏡処方、コンタクトレンズ処方の方の受付は終了30分前までとなります。

◎休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

※火曜は、月1回臨時休診がございます。電話でご確認ください。

予約制ではありません。