お知らせ

2018.04.10

白内障の症状について

白内障の症状は見えなくなることですが、一口に見えないといっても、様々な症状がでます。代表的な症状はかすみです。霧がかったような、すりガラス越しに見ているような、見え方をします。また色の見え方も悪くなります。色の区別がはっきりせず、鮮やかさが失われます。また視界全体が白っぽく、黄色っぽく見えます。
さらに眩しさが強まり、日光や、夜間の対向車のライトがぎらつきます。
また、近視、遠視とちがい、遠く、近くとも見にくくなります。
白内障が進行すると、眼鏡の度数が変わるので、(近視が進行します)一時的に近くが見えやすくなったり、眼鏡を頻繁に交換するようになります。

さらにものが二重・三重に見えることもよくあります

上記の症状がある方は当院に相談にいらしてください。当院は白内障手術に特に力を入れており、地域初となる最新機械を導入し、約5分という短時間の手術で、市内トップレベルの実績があります。

 

お知らせ一覧へ戻る

診療時間

休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

診療時間 日・祝
午前 9:00〜
13:00
○※
午後 15:00〜
18:00

眼鏡処方、コンタクトレンズ処方の方の受付は終了30分前までとなります。

◎休診日:火、土曜午後・日曜・祝日

※火曜は、月1回臨時休診がございます。電話でご確認ください。

予約制ではありません。